本文へ移動

SDGsの17の目標

SDGsの取り組み

株式会社工藤築炉工業所は企業活動を通じたSDGs達成への貢献をめざしています。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標です。

「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」という誓いのもと、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、「貧困」「健康と福祉」「教育」「働きがい」「気候変動」など17の目標と169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、日本でも積極的に取り組まれています。

SDGsの17の目標

貧困をなくそう
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
飢餓をゼロに
飢餓に終止符を打ち、食料の安全確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する
すべての人に健康と福祉を
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
質の高い教育をみんなに
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
ジェンダー平等を実現しよう
ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る
安全な水とトイレを世界中に
すべての人々の水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する
エネルギーをみんなに そしてクリーンに
すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
働きがいも 経済成長も
すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する
産業と技術革新の基盤をつくろう
レジリエントなインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る
人や国の不平等をなくそう
国内および国家間の不平等を是正する
住み続けられるまちづくりを
都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする
つくる責任 つかう責任
持続可能な消費と生産のパターンを確保する
気候変動に具体的な対策を
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
海の豊かさを守ろう
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する
陸の豊かさも守ろう
陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の非および逆転、ならびに生物多様性損失の非を図る
平和と公正をすべての人に
持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する
パートナーシップで目標を達成しよう
持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

当社の取り組みについて

主な取り組み

当社では17の目標の中で5つの目標を主に活動をしております。
少子高齢化の影響や非正規雇用の増加により、日本では所得格差が問題になっています。
近年、建設業に従事する人員も少なくなっている現状を打破していくために賃金の見える化をし、福利厚生の充実を行っていきます。ものづくりへの重要性と「手に職」が将来への安定に繋がると考えています。
残業時間を減らし、日々の生活への向上と仕事に対する達成度の評価制度の整備を行っていきます。
アライ(ALLy)となれるように、性的マイノリティー(LBGTQ+)を理解し、不平等とならない雇用も目指していきます。
障がい者支援等も行っていきたいと考えています。
ものづくりをすると出る資材のリユースと廃材のリサイクル。
工事で出たゴミを適正に処理を行っています。(産業廃棄物の収集運搬許可取得)
一番重要なのが「パートナーシップで目標を達成しよう」です。
我々企業は、1社ではやれる事が限られていますが、多種多様な地域コミュニティーと連携し、小さな事からコツコツと積み重ね、社会貢献を目指します。
株式会社工藤築炉工業所
〒350-0824
埼玉県川越市石原町1-27-1
TEL.049-227-3359
FAX.049-227-3364
・焼却施設・廃熱ボイラー
・工業炉等の築炉工事
・発泡スチロール
・型枠の設計と加工
・清掃施設の全般工事
 
TOPへ戻る